Uncategorized

teamsで全員の顔を表示する方法

更新日:

mac, キーボード, コンピュータの無料の写真素材


➤オンライン会議ツールのteamsで、全員の顔が表示されないことってありますよね。実際にMicrosoftの公式ホームページを見ても、具体的に有効な解決方法を示すことができていません。

そこでこの記事では、Teamsで参加者全員の顔を表示する方法を網羅的に紹介したいと思います。(2020年9月現在 この記事さえ見れば解決方法のすべてが分かります)

➤時間がない方は本記事の赤字部分だけ参照してください。




解決策① ブラウザをMicrosoft Edgeに変える


➤microsoftの公式サイトでは、発言者のみしか画面に映らない状態を改善するには、「teamsを使用するブラウザをMicrosoft Edgeに変える方法」が有効であることが分かっています。

※Microsoft公式相談コミュニティ「Teamsの参加者画面が4分割になりません」

➤現在teamsを利用しているブラウザが、chromeやsafariの方は、Microsoft Edgeに変更して使用することを試してください。



解決策② ブラウザ版でなく、デスクトップに入れたアプリでTeamsを使用する。


➤同様にマイクロソフトの海外版のホームページには、デスクトップにインストールしたTeamsのアプリからオンラインミーティングに参加する方法が有効であるとの記載があります。

※海外版Microsoft公式相談コミュニティ「Can only see 1 person in a call, not 4」

➤ただし、この方法で実際に、全員の顔が映るようになったという日本のユーザーを見つけることはできていません。

➤teamsをデスクトップにインストールする方法
このURLからteamsの公式サイトへ飛ぶ
②デスクトップ版をダウンロードをクリックするだけ



解決策③ そもそも根本的な解決方法はなく、teamsの仕様の場合もある。


解決策の①と②のどちらを試しても、全員の顔が表示されない場合、この問題を解決することは非常に困難だと言えます。

➤大きく分けて理由は2点あります

・1点目は、teams自体が、ユーザーの使用時の回線の状態やウィンドウのサイズ、解像度、に応じて自動で会議の機能の調整を行っているからです。

・2点目は、そもそもteamsは、複数人の画面を同時に表示する機能が得意ではないということです。実は2020年の4月になるまで、teamsで同時に表示できる画面の数は4人が上限でした。それを、コロナによる需要増加に合わせて、2020年の4月に初めて、最大で9人まで表示できるようにしたのです。(それでも9人)



➤つまり、初めから大人数の画像を表示することができた「Zoom」に比べて、参加者全員の顔を表示する機能において「Microsoft Edge」は後発であり、劣勢であると言わざるを得ません。

➤そのため、有効な解決策を求めてネットサーフィンをすることは現状有効ではありません。この記事で挙げた解決策の①と②を試しても、参加者全員の顔が表示されない場合、そういう仕様だと我慢するしかないのです。

➤どうしてもTeamsを使用しなければならない状況でない場合は、いろいろ試すよりも速やかにZOOM等の代替ツールを活用することをお勧めします。



おまけ:オンラインミーティング用パソコン設置照明

➤オンラインミーティングで、表情を明るく見せることができる照明器具です。クリップ式で、スマホの自撮り用にも使えます。充電式なので、コードレスです。値段は1500円。私も使っていてかなり

-Uncategorized

Copyright© 【Breaking-Info】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.