就活・転職

NTTデータ【インターン優遇・早期選考の有無と内容を解説】【SIer研究】

更新日:

NTTデータに転職したい!~年収や待遇は?~ | SE転職センター

結論

NTTデータは、インターンによる優遇はあります。

インターンの種類

NTTデータのインターンは、夏冬の2回ある模様。

◆ワークショップ型

【概要】

チームを組んで、新規ビジネス創出のグループワークを実施。システム提案の疑似体験ができ、グループワークを経験できます。また、社員からアドバイス・フィードバックをもらうことができます。もちろん、ITを知らなくてもOK。

【選考フロー】

聞いた話によると、2020年夏は、ESとWEBテスト→グルディスで決まったらしい。面接はなかったもよう。他の年では、ESとWEBテスト→面接動画だったこともあるため確定的なことは言えない。

WEBテストは、SPIとTALの2種類。
SPIは、最も多くの企業で採用されているWEBテスト。何度か解いたことがある学生にとっては、特にNTTデータ用に対策する必要はないと思われる。
TALは、職業の適性を調べる性格診断。WEBテストの中でもマイナーなので、ほとんどの学生が経験していないと思います。ただ、NTT系列の企業ではよく用いられています。図形を用いて質問に答える形式で、その回答からその人のストレス耐性やコミュニケーション能力などの適性を判定します。これだけ聞くと、特別な対策が必要と考える方もいるかもしれませんが、大きな心配はいりません。TALの目的は、採用リスクのある特殊な人材を見つけるためのもので通過率は86%と言われています。そのため、TALでは、優秀な人材であることをアピールするよりも、感じた通りに無難にこなすことが必要と思われます。

開催日程目安】

ソースがないので確実ではありませんが、2020年の夏は、仙台や福岡開催も募集していた記憶はあります。大体日程は、以下の期間で行われると思われます。
実施時期: 4日間
第1期 東京(豊洲) 7月31日~8月3日
第2期 東京(豊洲) 8月7日~8月10日
第3期 東京(豊洲) 8月14日~8月17日
第3期 大阪(京橋) 8月14日~8月17日
第4期 東京(豊洲) 8月20日~8月23日
第5期 東京(豊洲) 8月27日~8月30日
第6期 東京(豊洲) 9月4日~9月7日
第7期 東京(豊洲)9月10日~9月13日
第8期 東京(豊洲) 9月18日~9月21日
第9期 東京(豊洲) 9月24日~9月27日

【募集人数】

募集人数は、400名程度。2020年度に、冬のインターンがあったかは不明。夏は確認済み。20卒は、夏冬ともにあったため、おそらく毎年年2回は開催していると思われる。


◆プロジェクト型

【概要】

実際に現場のプロジェクトに配属され、プロジェクトの業務を体験。
2020年参加可能プロジェクト一覧
公共・金融・法人・技術統括部全てでプロジェクト参加可能。また、これらのセグメントもさらに、企画営業、開発、研究開発といった職種で分けられている。プログラミング経験が必要ないプロジェクトが大半なので、情報系以外の理系や文系でも申し込めます。

【プロジェクト例】

➤公共部門 開発
【防災・災害対策システムの開発体験 】
勤務地は、豊洲センタービルアネックス。
重要インフラ企業様の防災・災害対策システム(被害情報を迅速に収集、全体で共有し、復旧活動状況をモニタ)のアップデート体験。スキル不問。あると望ましいスキルは、PC、Officeの基本操作ができること。
➤金融部門 企画・営業
【地域金融機関の顧客向けの新規サービス企画】勤務地は、お客様先(東京都江東区)。
地域金融機関が顧客に提供するWEBやアプリサービスの企画検討に取り組んでいただきます。銀行業務に限らず、幅広く検討いただく予定。必須スキルは、PC、Officeの基本操作ができることのみ
➤技術統括本部 研究開発
【自動プログラミング技術の実用化】
勤務地は、豊洲センタービルアネックス。
本チームではプログラムの自動生成技術を研究しています。本インターンではSQLを自動生成する独自技術の実用化に向けて、改良点の発見から修正まで行います。NTTデータの中でも、技術能力が求められる技術統括本部のインターンであっても、スキルは不問。正直かなり、恵まれたインターン環境であるように見えます。

【募集人数】

募集人数は、夏冬各100名程度。

具体的な優遇

◆早期選考

NTTデータのインターンに参加すると早期選考にのることができます。また、早期選考の具体的なフローは、人によって異なります。1番評価の高い学生は1回の面接だけで終わり、2番目に高い学生は面接が2回、その他の学生はGDのあとに面接が2回あるそうです。どちらにせよ、インターンに参加した学生は、ESと適性検査が免除されると思われます。NTTデータは適性検査で、TALという特殊な検査を実施していますが、インターン経験者はこれらの準備をする必要がありません。

◆インターンシップ参加者限定の説明会

NTTデータのインターンに参加すると、インターンシップ参加者限定の説明会に招待されます。それらの説明会が、内定に直結するかどうかは定かではありませんが、参加度合いで志望度を見られている可能性もあると思います。

総合的に検討すると、NTTデータが少しでも気になっている学生は、インターンに参加したほうが良いと言えるでしょう。

-就活・転職

Copyright© 【Breaking-Info】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.