就活・転職

コンサル業界研究21社解説 【年収ランキング・残業時間ランキング(ホワイト、ブラック)・BIG3BIG4ランキング】

更新日:

◆年収ランキング(30才)

1位 ベイン                 1920万
2位 BCG       1860万
3位 マッキンゼー      1800万
4位 ADL(アーサー)  1800万
5位 A.T.カーニー           1660万
6位 PwC              975万
7位 NRI                  901万
8位 ベイカレント   907万
9位 KPMG            868万
10位 デロイト    841万
11位 EY                      792万
12位 アクセンチュア  750万
13位 アビーム            739万
14位 三菱UFJリサーチ  731万
15位 三菱総研               710万
16位 NTTデータ経営  674万
17位 大和総研               672万
18位 シグマクシス       671万
19位 日本総研         634万
20位 みずほ情報総研    602万
21位 船井総研            595万

◆年収ランキング(40才)

1位 ベイン                  不明
2位 BCG         不明
3位 マッキンゼー         不明
4位 ADL(アーサー)     不明
5位 A.T.カーニー       不明
6位 NRI                       1246万
7位 デロイト            1225万
8位 PwC                   1193万
9位 ベイカレント      1167万
10位 アクセンチュア  1139万
11位 三菱UFJリサーチ   1135万
12位 KPMG                 1068万
13位 アビーム             1064万
14位 三菱総研            1025万
15位 日本総研            1013万
16位 EY                      1008万
17位 大和総研           932万
18位 シグマクシス   899万
19位 みずほ情報総研  806万
20位 NTTデータ経営  不明
21位 船井総研            不明

◆コンサル残業時間ランキング

1位 ADL              95.8h
2位 マッキンゼー       82.7h
3位 ATカーニー       76.0h  
4位 BCG       74.1h
5位 ベイン                 71.4h
6位 デロイト               70.4h
7位 NTTデータ経営  68.5h
8位 船井総研             67.2h
9位 PwC                       54.9h
10位 三菱UFJリサーチ  52.4h
11位 EY                 47.0h 
12位 NRI          46.4h
13位 三菱総研         45.3h
14位 シグマクシス     44.0h
15位 アクセンチュア 43.2h
16位 日本総研          41.0h
17位 KPMG                 40.6h
18位 アビーム          39.0h
19位 大和総研          36.4h
20位 ベイカレント     35.8h
21位 みずほ情報総研  35.2h

◆各社紹介

▷ベイン・アンド・カンパニー

採用人数 10~20名
平均年収 1920万円(30才)
残業時間 71.4時間

▷特徴
戦略コンサル世界トップ3の一角。グローバルプレゼンスが高い世界的戦略コンサル。採用人数は戦略ファームの中でも少ない方。

▷ボストンコンサルティング

採用人数 20~30名
平均年収 1860万円(30才)
残業時間 74.1時間

▷特徴
ベイン、マッキンゼーと並び、戦略コンサルトップ3。グローバルプレゼンスが高い世界的戦略コンサル。

BIG3の中でも最も日本におけるプレゼンスが高い。日系戦略ファームであるドリームインキュベータ、コーポレートディレクションもBCGから派生。

▷マッキンゼー・アンド・カンパニー

採用人数 20~30名
平均年収 1800万円(30才)
残業時間 82.7時間

▷特徴
ベイン、BCGと並び、戦略コンサルトップ3。グローバルプレゼンスが高い世界的戦略コンサル。世界全体ではNO1のシェアを誇る世界一のコンサルファーム。ちなみに22卒は50名以上採用しており、採用人数を急拡大させているとの噂あり。

▷アーサーディリトル(ADL)

採用人数 5~10名
平均年収 1800万円(30才)
残業時間 95.8時間

▷特徴
世界最古のコンサルティングファーム。従業員は少なく、面倒見も良いカルチャー。技術に重きをおいており、製造業、技術に強いグローバルな戦略ファームとして独自のポジションを築いている

▷A.t.カーニー

採用人数 15 名程度
平均年収 1660万円(30才)
残業時間 76時間

▷特徴
日本では、BCG、マッキンゼーに次ぐ規模感を持つ戦略コンサルティングファーム。日本の法人はクライアントからのリピート率が90%を超える。また、エネルギー系関連は圧倒的な強さ誇る。

▷PwCコンサルティング

採用人数 101~200人(グループ全体)
平均年収 975万円(30才)、1193万(40才)
残業時間 54.9時間

▷特徴
世界の4大監査法人が行うコンサルをBIG4 と呼ぶ。その一角。総合力が高い。大体なんでもできる。

▷NRI(野村総合研究所)

採用人数 20~30名(コンサル職)
平均年収 901万円(30)、1246万円(40)
残業時間 46.4時間

▷特徴
コンサル業務で、どこまで競合他社と差別化できているかは不明。システム部門だけで5000億円ほど売上があるので、ITシステムの構築には長けていると想定できる。現在調査中です・・・・

▷ベイカレント

採用人数 101~200名
平均年収 907万円(30)、1167万円(40)
残業時間 35.7時間

▷特徴
ベイカレントは、コンサルタントをインダストリーや専門によって分けないワンプール制を取っている。そのため、ゼネラルに様々なプロジェクトに関われる。

▷KPMGコンサルティング

採用人数 50~60名
平均年収 868万円(30)、1068(40)
残業時間 40.6時間

▷特徴
PwCと並び、世界の4大監査法人BIG4グループの一員。2014年7月に本格スタートしたコンサルファームで、比較的立ち上げ初期感が強い。ややベンチャー気質。人数も少ない。

▷デロイトトーマツコンサルティング

採用人数 不明(100~200人と予想)
平均年収 841万円(30才)、1125万(40才)
残業時間 70.4時間

▷特徴
PwCやKPMGと並ぶBIG4 。その中でもトップに君臨し、就職難易度もBIG4 の中で最も高いと言われる。デロイトもプール制であり、様々な業界で仕事ができる。「Up or Out」の文化が薄い日系よりの外コンとも言われる。

▷EYストラテジー・アンド・コンサルティング

採用人数 120名程度
平均年収 792万円(30)、1008万(40)
残業時間 47.0時間

▷特徴

PwC、デロイト、KPMGと並ぶBIG4 の一角。コンサルティングと同様に比較的歴史が浅く、現在の体制で業務を開始したのは2017年4月。ややベンチャー気質。新卒採用に消極的との噂もある。

▷アクセンチュア

採用人数 301名~(ITコンサルが大多数)
平均年収 750万円(30)、1139万円(40)
残業時間 43.2時間

▷特徴

ITに強く、世界のITサービス売上高で第2位に君臨する。事実、大量採用した新卒の大半がITコンサル。

▷アビームコンサルティング

採用人数 301 名(ITコンサル含む)
平均年収 739万円(30)、1064万円(40)
残業時間 39時間

▷特徴
2003年にデロイトからスピンアウトし、 日本発のグローバルコンサルティングファームとして誕生。日系のコンサルファームでは最大級の規模。

▷三菱UFJリサーチ&コンサルティング

採用人数 2019年29人、2018年32人
平均年収 731万円(30)、1135万円(40)
残業時間 52.4時間

▷特徴
日本最大の銀行である三菱UFJ銀行を含む三菱UFJグループが持つ金融ネットワークを活用して顧客を開拓できる。提案を銀行と連携しながら行えることが強み。

▷三菱総合研究所

株式会社 三菱総合研究所 | 一般社団法人 日本防災プラットフォーム

採用人数 41~45名
平均年収 710万円(30)、1025万円(40)
残業時間 45.3時間

▷特徴
シンクタンク機能を併せ持つコンサル。とにかく官公庁案件に強い。霞が関とのネットワークも強い。

▷NTTデータ経営研究所

採用人数 5名前後(推定)
平均年収 674万円(30才)
残業時間 68.4時間

▷特徴
日本最大のSI企業であるNTTデータの子会社。データ本体の紹介により仕事に困らない。また、旧国営のNTTだけあって、官公庁案件も豊富。

▷大和総研

採用人数 20~30名
平均年収 672万円(30才)、932万円(40才)
残業時間 36.4時間

▷特徴
シンクタンクとシステム部門を併せ持ついわゆる総研系。コンサル部門の占める割合は低く、必然的に存在感は薄い。どの部分に強みがあるかも不明。現在調査中です。ただ、ホワイト企業そう。

▷シグマクシス

採用人数 20名程度
平均年収 671万円(30)、899万円(40)
残業時間 44時間

▷特徴
三菱商事の元子会社。現在は子会社ではないが、三菱商事関連の案件がある。商社の気質を引き継いでおり、単なるコンサルにとどまらず、事業投資などの事業開発を行っている。

▷日本総研

採用人数 10名程度
平均年収 634万円(30)、1013万円(40)
残業時間 41時間

▷特徴
大和総研と同様、シンクタンク系のコンサル。シンクタンク、コンサル、システム部門を併せ持つ。三井住友グループの一員。コンサルタントの活動はやや存在感が薄く、現在調査中。

▷みずほ情報総研

採用人数 120名(IT含む)
平均年収 602万円(30才)、806万円(40才)
残業時間 35.2時間

▷特徴
みずほグループの一員。9割のIT部門と一部のリサーチ・コンサル部門で構成される。官公庁案件が多いとの噂。

▷船井総研

採用人数 101~200名
平均年収 595万円(30)、800万円~(40)
残業時間 67.2時間

▷特徴
中小企業向けの経営コンサルティングでは国内トップ。無双状態。数千社の中小企業を研究会の会員として、安定した顧客基盤にしている。中小ということもあり、かなり経営者と近い距離で話せる印象。現在ネット上にある悪評は懸念点。

➤以下悪評動画や記事
参考程度に考えてください。


◆データ参照元

▷30代・40代年収、残業時間
https://www.vorkers.com/

▷採用人数
https://factlogic.jp/number-of-new-graduates-working-for-firms/#:~:text=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%8E%A1%E7%94%A8-,A.,%E3%81%BB%E3%81%A9%E6%8E%A1%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

https://www.consul.global/post3979/

-就活・転職

Copyright© 【Breaking-Info】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.