100本ノック解説

シャドーイング100本ノックの効果とやり方

更新日:

この記事では、イングリッシュブートキャンプさんのYoutube動画「シャドーイング100本ノック」を実際に3か月毎日続けた私が、その効果とやり方を解説します。

結論

【効果】
TOEICのリスニングのスコアが、330~350から430まで上昇。

【やり方】
毎日何があっても休むことなく、30分の学習を2か月以上続ける。ナチュラルスピードに合わせてできるようになるまでシャドーイングを続ける。

効果

効果としては、定量的な指標で言えばTOEICのリスニングのスコアが、330~350から430まで上昇しました。定性的な体感で言えば、確実に昔より聞き取れるようになったという実感を得ました。

シャドーイングを実施すると、自分が聞き取れない部分が明確に分かります。シャドーイング100本ノックを進めていくと自分が聞き取れない原因には、法則性があることが分かってきます。私の場合だと、各単語が聞き取れないのではなく、toやwhile、when、and等の単語同士を結びつける単語が聞き取れていないのだと分かりました(これらの単語は大体省略されて、英語教育で学んだ発音の通りには発音されない)。従って、聞き取れない原因の部分に注意しながら学習を進めた結果、徐々に聞き取れるようになっていきました。原因が分かり対策を取る、それができるシャドーイング100本ノックという教材は効果のあるものだと言えます。

実際に私以外にもシャドーイング100本ノックでTOEICのスコアを上げた人もいることから、再現性も高いと考えています。以下の動画では、実際にシャドーイング100本ノックを活用して、920点を達成した人の動画です。

やり方

期間

期間としては、毎日30分を最低2か月は続ける必要があります。なぜかと言うと、私が取り組む中で確実に成長していると断言できた期間が60日目だったからです。60日以降は順調に成長を続けました。

1番大事なことは、絶対に1日も休まないことです。私も、動画で紹介した女性も休むことなく継続することで成果を出しました。この通り実践すればかなりの高確率で結果が出ます。しかし、やり方を我流で変更して週3.4回に減らしてしまえば、行為と結果を結びつける根拠がなくなり、結果が出る確率は大きく下がります。成功した人のやり方をそのまままねることが一番の近道です。

実際に私も仕事や用事で忙しい日でも、絶対にシャドーイング100本ノックだけは続けました。仕事の後に飲み会があるような日でも、帰りの電車や帰宅後の就寝前に必ず勉強を続けました。それが結果につながったと考えています。また、私は継続するための工夫として、Dothabitというアプリを使用していました。継続日数を測るアプリですが、継続系の無料アプリの中では一番良いと思っています(このアプリを紹介しても私には1円も入らないので本当です。)。継続日数をカウントでき、メモとして勉強時間を記録することができます。通知設定も便利です。私は英語学習以外の学習や運動習慣等にも活用していました。ぜひ一度試してみてください。

Download on the App Store Google Play で手に入れよう

勉強方法

具体的な勉強方法としては、動画のナチュラルスピードに合わせて、シャドーイングをするというシンプルなものです。発音できない聞き取れなかった部分をできるようになるまでシャドーイングしてください。なお学習のポイントは以下の3点です。

  • ナチュラルスピード
    スピードはナチュラルスピードを推奨します。スロースピードだとちょっと遅すぎて学習速度が落ちると考えています。
  • シャドーイングは小声、無声音でも良い。または文ごとに区切る
    シャドーイングをすると、自分の声で次の音声が聞こえないことがあります。その状態を避けるために小声や無声音(コソコソ声)で発音しても良いと思います。私はそれでも効果がでました。また、文ごとに区切って、自分の声が次の音声に邪魔にならない程度の分量でシャドーイングをするでも良いと思います。
  • 学習ペースは人それぞれ
    学習のペースは人それぞれです。基本的にはできるようになるまで#1から順番にやっていくのが良いです。#10の初級が終わった後に、#11の中級に行くか、#31の初級に飛ぶか迷う方もいると思いますが、学習の達成感やレベルに大きな差がない点を考慮すると、#11の中級に進むのが良いと思います。ペースの目安ですが、私は50日目で#30まで終了させました。
  • 自分が聞き取れない、発音できない原因を把握してつぶす
    シャドーイングをするときは、自分が聞き取れない、発音できない原因を把握することが大切です。このサイトに掲載している解説を見ながら、自分が聞き取れない部分は何かを毎日ノートに書いてください。

【重要】効果が出るための前提条件

実際に私が、リスニングの勉強をしたときは、学習の前提がありました。具体的には、キクタンAdvancedと金のフレーズの単語を学習済みであったこと、加えて高校まで学ぶ英文法の基礎が身についていたことの2点です。

つまり、ゼロベースで始めたわけではありません。その点にはご注意下さい。シャドーイング100本ノックや単語、文法の学習を含めたTOEIC学習全体のロードマップを以下にまとめています。そのロードマップの中にシャドーイング100本ノックを組み込んでいるという感じです。自分で勉強方法が確立されていない方は一度そちらからご確認してもらえるとスコアアップの近道になると思います。

-100本ノック解説

Copyright© SIERLAB , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.